基本

1 準備 *

まずは、下のスクリプトをコピーしてください。

  

関数サンプル


2 何もしないスクリプトを作る(敵の作成1) *

敵を登場させるだけのスクリプトを作ります。 そのためには、敵の初期位置を設定する必要があります。

  像
       }
       DrawGraphic(GetX,GetY);//画像を表示
   }

}
}

GetSpeed
敵の速度を取得する

GetSpeedX
敵のX速度を取得する

GetSpeedY
敵のY速度を取得する

解説


マイクロスレッド *

引用

  マイクロスレッドは 「task」 というキーワードを使って定義します。
   マイクロスレッドは関数と同様引数を取ることができます。
   そして、「yield」 というキーワードで、処理を中断することが出来ます。

マイクロスレッドを使ったスクリプトの例

  

関数サンプル

解説



マイクロスレッドを使うときは、
必ず@MainLoop内に「yield;」を入れてください。};

以降、マイクロスレッドを使ってスクリプトを書きます。

  • 最終更新:2016-03-02 16:18:54

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード